ネット授業に必要なヘッドセット

インターネットを利用したネット授業を行うとき、講師の必須アイテムがヘッドセット(インカム)です。
ノートパソコン場合、本体に内蔵されたスピーカーとマイクも使用できますが、ネット授業を行う講師は、必ずヘッドセットを装着します。

本体に内蔵されたスピーカーとマイクを使用するデメリット

  1. スピーカーの音をマイクが拾ってハウリングを起こす
  2. キーを打つタイピング音をマイクが拾ってしまう
  3. まわりの音を拾ってしまう

良いネット授業をするなら、良いヘッドセットが必要です。

現在、テレワークの急増によりヘッドセットの多くが在庫切れとなっています。

ヘッドセットには、両耳で音声を聞くステレオタイプ、片耳で音声を聞くモノラルタイプ、耳の穴にフィットするカナル型など、さまざまなタイプがあります。また、パソコンとヘッドセットの接続も、有線(USBまたはオーディオ端子)とワイヤレスがあります。

ヘッドセット

おすすめ1 Sennheiser ヘッドセット
プロ向けの音響機材を手掛ける高級オーディオメーカーのSennheiser(ゼンハイザー)が、2020年5月7日に発売するヘッドセットです。マイクはノイズキャンセリング機能付きでクリアな音質です。マイク端子とイヤフォン端子で接続します。価格:6,400円(税込)


ヘッドセット

おすすめ2 FantasyRe_JP USBヘッドセット
手元のスイッチでマイクを無音にするミュートとボリューム調節が行えます。
マイクスポンジ付きで、息がかかることのノイズを軽減。周囲のノイズを軽減するノイズキャンセリング機能が搭載されています。価格:2,400円(税込)


ヘッドセット

おすすめ3 サンワサプライ USBヘッドセット
手元のスイッチでマイクを無音にするミュートとボリューム調節が行えます。
マイクスポンジ付きで、息がかかることのノイズを軽減。絡みにくく断線にも強い布地のケーブルを使用。マイク部分は幅広く音を拾える無(全)指向性。価格:1,500円(税込)


ネット授業トレーナー実践講座では、インターネットを利用したネット授業のできるトレーナーのスキルを身につけることができます。