Google Chromeのショートカットキー

ショートカットキーの使い方

Webブラウザー「Google Chrome」には、便利で役に立つショートカットキーがたくさんあります。ショートカットキーとは、キーボードを使ってパソコンの操作を簡単に行うための機能のことです。ショートカットキーを使用すると、キーボードから手を離してマウスに持ち替える必要がないので、文書の編集を行っている場合などに効率よく作業を行うことができます。

タブ・ウィンドウ操作

Chromeを使いこなす上で重要なのが「タブ」の管理です。タブの便利な操作方法を覚えておけば効率的な作業ができます。タブの作成や切り替え、閉じる、誤って閉じてしまったときの復帰などに役立つショートカットキーを覚えておきましょう。

【CTRL】+【N】      新しいウィンドウを開く
【CTRL】+【T】      新しいタブを開く
【CTRL】+【SHIFT】+【N】シークレットモード
【CTRL】+【SHIFT】+【T】閉じたタブを開き直す
【CTRL】+【TAB】     次のタブ
【CTRL】+【W】      タブを閉じる
【CTRL】+【Q】      Chromeを終了する

  • いつの間にかたくさんのタブを開いてしまって、管理が面倒になってしまうこともあります。こんなときはタブをドラッグして並び替えます、製品情報を調べるタブ、価格を比較するタブ、オンラインショップで購入するタブなど、用途別に並び替えて使うと便利です。
  • そのままページの外側にドラッグすれば、独立したウィンドウとしてタブを表示することもできます。
  • タブを右クリックして[タブを固定]を選択すれば、タブの固定ができます。閉じたくないタブを固定しておけば、誤って移動したり閉じてしまうことを防ぐことができます。固定したタブは小さなアイコン(Favicon)表示となって場所を取らないため、より多くのタブを開いて作業しやすくなるのもポイントです。
  • タブを開きすぎると、タブが極小サイズになってタイトルが読みづらくなってしまいますが、マウスポインターをタブの上に乗せると、タイトルを表示できます。

その他の役立つショートカットキー

ナビゲーション操作

【Alt】+【←】  戻る
【Alt】+【→】  進む
【Alt】+【HOME】ホームページ
【F5】      再読み込み

ページ操作

【HOME】    ページの先頭へ移動
【END】     ページの最後へ移動
【SPACE】    ページをスクロール
【CTRL】+【L】 アドレスバーにフォーカスを移動
【CTRL】+【D】 ブックマーク
【CTRL】+【U】 ソースを表示
【CTRL】+【P】 印刷
【CTRL】+【S】 保存
【CTRL】+【+】 ページを拡大
【CTRL】+【- 】 ページを縮小
【CTRL】+【0】 拡大、縮小を戻す
【F11】     全画面表示の切り替え

検索

【CTRL】+【F】      検索バーを表示
【CTRL】+【G】      次を検索
【CTRL】+【SHIFT】+【G】前を検索

Chrome機能の呼び出し

【CTRL 】+【J】      ダウンロードページを開く
【SHIFT】+【ESC】    タスクマネージャを開く
【F1】           全画面表示の切り替え

マウス操作

【CTRL 】+クリック       リンクをバックグラウンドタブで開く
【CTRL】+【SHIFT】+クリック リンクを新しいタブで開く
【SHIFT】+クリック       リンクを新しいウィンドウで開く
リンクをタブにドラッグ     そのタブでリンクを開く
タブを真ん中クリック      タブを閉じる
中ボタン            オートスクロール
【CTRL】+上スクロール     ページを拡大
【CTRL】+下スクロール     ページを縮小

基本のショートカットキーも覚えておきましょう。