Google Chromeの拡張機能

Google Chromeの拡張機能

Google Chromeには拡張機能が豊富に用意されています。拡張機能とは、Webブラウザーに自分好みの機能を追加できる簡易プログラムのことです。初期設定の状態では必要最低限の機能しか備わっていませんが、拡張機能をインストールすることで機能を追加できます。

おすすめの拡張機能をご紹介します。 Google Chromeの拡張機能

Page Ruler

Page Ruler(ページルーラー)とは、Webページ内のコンテンツの寸法と位置を測定できるエクステンションです。

Page Rulerの使い方

Page Rulerの使い方
  1. Page Rulerをインストールします。
  2. 画面右上に[Page Ruler]ボタンが追加されます。
  3. 画面右上に表示された[Page Ruler]ボタンをクリックします。
  4. Webページの上部にバーが追加されます。

Page Rulerの特徴(コンテンツの寸法と位置を測定)

  1. マウスで選択した位置がピクセル単位の座標で確認できます。
  2. 選択位置は、矢印キーで微調整できます。
  3. バーの数値を変更することで、選択位置を変更できます。
  4. 縦横十字に表示されるガイドを利用すれば、コンテンツの表示位置が揃っているかどうかチェックできます。
  5. マウスをドラッグすれば、矩形を選択できます。
  6. 選択範囲の幅と高さはバーに表示されます。
  7. バーに数値を入力して選択範囲のサイズを変更できます。
  8. 四隅をドラッグしてサイズを微調整できます。
  9. 矢印キーで選択範囲全体を移動できます。

この他にもHTMLの要素を選択できる機能も備わっています。

  1. バーの左端にある[<>]ボタンをクリックします。
  2. バーが2段表示になると同時にトラッキングモードがONになります。
  3. マウスカーソルの下にある要素が選択できるようになります。
  4. 任意の位置をクリックします。
  5. バーに要素の幅と高さ、位置が表示されます。

Frame two pages

Frame two pagesは、Google Chromeでホームページを閲覧中、画面を2分割して表示できるエクステンションです。

Frame two pagesの使い方

Frame two pages
  1. Frame two pagesをインストールします。
  2. 拡張機能をダウンロードすると、Chromeの右上に常駐します。
  3. アイコンをクリックすると、左右分割か上下分割かを選択するダイアログが開きます。
  4. 「1」を選ぶと左右、「2」を選ぶと上下に分割することができます。
  • 3つのタブを開いた状態でアイコンをクリックすると、右の2つのタブが分割表示されます。
  • 一番左のタブがアクティブな状態でアイコンをクリックすると、左側のページのみ表示されます。

Spell and Grammar checker by Ginger(英文チェッカー)

英文チェッカーは、入力した英文をネイティブな英文に修正することができるエクステンションです。前後の文脈から単語のスペルミスやおかしな文法を判断して最適な文章に修正できます。

Spell and Grammar checker by Gingerの使い方

Spell and Grammar checker by Ginger
  1. Spell and Grammar checker by Gingerをインストールします。
  2. 拡張機能をダウンロードすると、Chromeの右上に常駐します。
  3. Gmailなどのwebメールを起動後、英文を入力すると、スペルミスや文法の間違い、文脈に合わない英語表現が青くハライトされます。
  4. 青くハイライトされた場所にカーソルをあわせると、最適化された英文がポップアップで表示されます。
  5. 表示された英文に差し替えたい場合は、ポップアップをクリックします。
  6. 間違っていたスペル/文法表現が簡単に修正されます。
  • GmailやFacebookなどを利用している方に役立ちます。
  • Officeで英文チェッカーを利用する場合は、ソフトウェアとしてダウンロードします。

Bookmarks Suggester

Bookmarks Suggesterは、Chromeのブックマークに登録されいているアイテムをキーワードで検索できるようにする拡張機能で、ブックマーク登録時に整理するのではなく「検索して探す」というGmailのコンセプトに似たエクステンションです。

探すときは[Ctrl]+[L]キーを押すだけ

Bookmarks Suggester
  1. 拡張機能「Bookmarks Suggester」をインストールします。
  2. 任意のページを開いた状態で[Ctrl]+[L]キーを押します。
  3. 画面が黒くなり検索ページに切り替わります。
  4. 最上部の入力欄にキーワードを入力します。
  5. ブックマークに登録されいているページ候補が表示されます。
  6. 表示されたページ候補から任意のページをクリックします。
  7. ブックマークしたページを開くことができます。

Live Page Editor

Live Page Editorは、Google Chromeで閲覧したWebページを編集することができ、Webページ上のテキストを自由に改変することがでるエクステンションです。

Live Page Editorのメリット

Webページを印刷する際、不要なテキストを削除したり、直接書き込みを加え、必要な部分のみ表示して印刷することができます。

Live Page Editorの利用方法

  1. Live Page Editorは、Chrome ウェブストアからダウンロード(無料)します。
  2. Live Page Editorをインストールします。
  3. 画面右上にLive Page Editorのアイコンが表示されます。
  4. アイコンをクリックすると「編集可能モード」になり、ボタンの色が淡い黄色から赤色に変化します。
  5. 「編集可能モード」になったら、Webページ上のテキストの不要なテキストを削除したり、直接書き込みを加えることができます。
  6. 元の「閲覧モード」に戻すときは、もう一度拡張機能のアイコンをクリックします。
  • Live Page Editorは、あくまでもWebブラウザーの表示を編集するもので、Webサイトにあるデータを改ざんするツールではありません。

Live Page Editor

Quick Markup

Quick Markupは、注釈を簡単に付けることができる編集機能付きスクリーンキャプチャーで、特定の範囲や全ページは勿論、Flashも撮れて、編集や注釈も簡単に加えることができるエクステンションです。

利用する際は、以下の操作でGoogle Chromeに[Quick Markup]をインストールします。

  1. Chromeウェブストアを開きます。
  2. 画面左上にある「ストア検索」ボックス内に「Quick Markup」と入力し、[Enter]キーを押します。
  3. [Quick Markup]が一覧に表示されます。
  4. [+CHROMEに追加]ボタンをクリックします。
  5. [Quick Markup]を利用できるようになります。

Quick Markup

Awesome Screenshot

Awesome Screenshotは、Webページの一部や全体をキャプチャしたり、注釈を加えることができる高機能なエクステンションです。
「見えている範囲のみ」や「画面全体」をキャプチャーでき、キャプチャーした画像は、切抜き、長方形、楕円、矢印、線、自由曲線、ぼかし、テキストの追加や挿入ができ、画像保存やTwitter、Facebook、GMailなどでの共有ができます。

利用する際は、以下の操作でGoogle Chromeに[Awesome Screenshot]をインストールします。

  1. Chromeウェブストアを開きます。
  2. 画面左上にある「ストア検索」ボックス内に「Awesome Screenshot」と入力し、[Enter]キーを押します。
  3. [Awesome Screenshot]が一覧に表示されます。
  4. [+CHROMEに追加]ボタンをクリックします。
  5. [Awesome Screenshot]を利用できるようになります。

    AwesomeScreenshot

Weblioポップアップ英和辞典

Webページの英語にマウスオーバーさせることで「英和辞典」での意味を表示することができるポップアップ辞書機能や、文章を選択することで翻訳結果へスムーズに移動することができるエクステンションです。

利用する際は、以下の操作でGoogle Chromeに[Weblioポップアップ英和辞典]をインストールします。

  1. Chromeウェブストアを開きます。
  2. 画面左上にある「ストア検索」ボックス内に「Weblioポップアップ英和辞典」と入力し、[Enter]キーを押します。
  3. [Weblioポップアップ英和辞典]が一覧に表示されます。
  4. [+CHROMEに追加]ボタンをクリックします。
  5. [Weblioポップアップ英和辞典]を利用できるようになります。

    Weblioポップアップ英和辞典

Create Link

Create Linkは、開いているページのタイトルとURLアドレスをクリップボードにコピーすることができるエクステンションです。

利用する際は、以下の操作でGoogle Chromeに[Create Link]をインストールします。

  1. Chromeウェブストアを開きます。
  2. 画面左上にある「ストア検索」ボックス内に「Create Link」と入力し、[Enter]キーを押します。
  3. [Create Link]が一覧に表示されます。
  4. [+CHROMEに追加]ボタンをクリックします。
  5. [Create Link]を利用できるようになります。

    Create Link

Copy Link Text

Copy Link Textは、リンク文字を右クリックした時、通常のテキストに比べて選択しづらいリンクテキスト(アンカーテキスト)を、ダイレクトにコピーできるエクステンションです。

利用する際は、以下の操作でGoogle Chromeに[Copy Link Text]をインストールします。

  1. Chromeウェブストアを開きます。
  2. 画面左上にある「ストア検索」ボックス内に「Copy Link Text」と入力し、[Enter]キーを押します。
  3. [Copy Link Text]が一覧に表示されます。
  4. [+CHROMEに追加]ボタンをクリックします。
  5. [Copy Link Text]を利用できるようになります。

    Copy Link Text

goo.gl URL Shortener

goo.gl URL Shortenerは、閲覧中のWebページの長いURLアドレスを、ワンクリックで短縮URLに変更することができるエクステンションです。
[Copy]ボタンを押すとクリップボードにコピーされます。

利用する際は、以下の操作でGoogle Chromeに[goo.gl URL Shortener]をインストールします。

  1. Chromeウェブストアを開きます。
  2. 画面左上にある「ストア検索」ボックス内に「goo.gl URL Shortener」と入力し、[Enter]キーを押します。
  3. [goo.gl URL Shortener]が一覧に表示されます。
  4. [+CHROMEに追加]ボタンをクリックします。
  5. [goo.gl URL Shortener]を利用できるようになります。

    goo.gl URL Shortener

上記以外にもたくさんの拡張機能があります。ぜひお試しください。
■Google Chromeの拡張機能

■PR Checker
閲覧したWebページのページランクをリアルタイムに確認することができます。

■Google Mail Checker
メールが来る度に、通知とバッジ表示で知らせてくれます。

■RSS Subscription Extension
ChromeのアドレスバーにRSSボタンが追加されます。閲覧中のサイトをRSS登録する時に便利です。RSSFeedの無いサイトでは、ボタンは非表示になります。

■Google 翻訳
他国のWebページが表示された場合、ページ上部にバナーが表示され、自動翻訳できる拡張機能です。

■Googleドライブに保存
Webページの画像やリンク先のファイルを右クリックし、パソコンにダウンロードすることなく、ダイレクトにGoogleドライブに保存することができます。

Google Chromeのウェブアプリ

ウェブ アプリは、ブラウザー内で使用するために設計されたプログラムです。Google Chromeには、ブラウザーで使用できるウェブアプリが豊富に用意されています。

おすすめのアプリをご紹介します。 Google Chromeのアプリ

■Pixlr Editer
オンラインで高度な画像編集ができるフォトエディタです。GIMPやPhotoshopをインストールしていない環境でも、ブラウザーから画像編集をすることができます。

■BeFunky
オンラインで写真をエフェクト加工できるアプリケーションです。

■Gmail
Googleが提供しているWebメールです。

■オフラインGmail
インターネットに接続していなくてもアクセスでき、オフライン時に作成したメールは、再びインターネットに接続すると送信されます。削除、アーカイブ、変更したメールやスレッドは、次回オンラインになったときに同期することができます。

■Googleドライブ
Google社が提供しているインターネット上にファイルを保存できるオンラインストレージです。

■Dropbox
Dropbox社が提供しているインターネット上にファイルを保存できるオンラインストレージです。

■SkyDrive
マイクロソフト社が提供しているインターネット上にファイルを保存できるオンラインストレージです。

Office Online

Chromeアプリストアから、Office Online版「Word・Excel・PowerPoint・OneNote」を利用することができるようになりました。
■Word  ■Excel  ■PowerPoint  ■OneNote