CMSでWebサイトの作成

Webサイトを公開する場合、一般的にはオーサリングソフトなどをパソコンにインストールして作成後、FTPツールを利用し、パソコン内に保存したデータをサーバーへアップロードすることで公開します。しかし最近では、CMSを利用してWebサイトを公開するケースも増えてきました。

CMSでWebサイトの作成

CMSを利用してWebサイトを公開する場合、インターネットを利用して、オンライン上よりページ編集の管理画面へアクセスし、作成後、[保存]ボタンをクリックすることで編集した内容が更新され、公開することができます。作成方法の違いを確実に掴んでおきましょう。

オーサリングソフトとは

文字、画像、動画、音声など複数の素材を組み合わせて編集し、まとまったコンテンツを作成するためのソフトのことです。※代表的なソフト/ホームページ・ビルダー etc

FTPとは

File Transfer Protocolの略です。ネットワークに接続された異なるコンピューターとの間で、データやプログラムをコピーするための約束事です。FTPによりファイルをやりとりするコンピューター(サーバー)をFTPサーバーと言います。

CMSとは

Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりするソフトウェアのことで、デジタルコンテンツの管理を行うシステムの総称です。

WordPress

WordPress(ワードプレス)は、無料で利用できる設置型のCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。一般的なブログサービスのようにサービスへログインして記事を書くタイプではなく、ブログアプリケーション(WordPress)を自分のサーバーにインストールし、サーバー上で利用します。テンプレートやプラグインの数も膨大です。

WordPressの始め方

WordPressを使用するには、PHPとMySQLの環境が整ったサーバーが必要です。

おすすめはロリポップサーバーです。

WordPressのWordPressマニュアルも充実しています。

テンプレートを選ぶポイント

SEOに強い最初からSEO対策がされている
レスポンシブ対応端末のディスプレイ画面の大きさに合わせて自動的に最適化できる
ソーシャルボタンが設置済み最初からソーシャルボタンが実装されている
テーマに関する情報が豊富テーマに関する豊富な情報があれば、カスタマイズする上で役立ちます。
テーマの最終更新日が最近更新日が古いと、最新の技術トレンドが実装されていなかったり、セキュリティ上不完全な場合もあります。
利用料金WordPressのテーマは無料のものが多いですが有料のものもあります。
好きなデザイン自分好みのデザインであること

※アフィリエイトを利用される方は、広告を掲載しやすいテーマを選択します。

おすすめのテンプレート

■WordPress公式テーマ ■STINGER ■テンプレート.com ■テンプレートキング
■賢威 ■Minimal WP ■Cloud template ■WordPressの使い方

Jimdo

Jimdo(ジンドー)は、HTMLやCSSを意識することなく、簡単にWebページを構築することができるCMSツールです。編集箇所をクリックするだけという簡単な操作で、Webページを作成することができます。フォトギャラリー、動画の追加、文章入力、デザイン変更も、ドラッグ&ドロップによる操作だけで編集することができます。

Jimdo

無料でホームページが作成できるWix

Wixとは、PHPやCSSを知らなくても、ホームページのレイアウトを自由にカスタマイズしながら、本格的なホームページを作成できるクラウドサービスです。好みのテンプレートを選択すると、ブラウザー上にエディターが起動します。起動後は、PowerPointのように切り取って貼り付けてサイズ変更するだけて簡単にホームページを作ることができます。

Wixの詳細

無料でネットショップが作成できるBASE

BASEとは、初期費用無料、月額費用無料でネットショップを開設できるサービスです。BASEを利用すれば、Webサイトを作るための知識がない初心者の方でも、簡単にネットショップを構築することができます。

個人でネットショップを開業した場合でも、クレジット決済やショッピングカートの仕組みをすべて無料で利用することができます。 ※決済手数料は価格の3.6%プラス40円(カード決済)

サービスの提供者は、有志団体「liverty」で、アメーバーブログを提供しているサイバーエージェントも出資した、現在注目のネットショップ構築サービスです。