Microsoft Officeは何を購入したらいいの?

マイクロソフトが一般家庭向けに提供している「Microsoft Office」には3つの種類があります。

  1. プリインストール版(Office Premium)=PCの購入時に最初からインストールされている
  2. サブスクリプション版(Office 365 Solo)=ソフトを購入するのではなく、月額利用料を支払って利用する
  3. 永続ライセンス版(旧来のパッケージ版)
Office

数年前までは、量販店に並ぶ、箱に入った「パッケージ版」を購入するか、パソコンにあらかじめインストール済みの「Office Premium」を利用する2つの方法しかありませんでしたが、現在は「サブスクリプション版」という選択肢が加わりました。

一般家庭向けのおすすめは「Office Premium」か「Office 365 Solo」です。
その理由は「常に最新の状態で利用できる」からです。現在のOfficeは、従来のOfficeとは異なり、定期的に新機能が配信され、適用する(バージョンが上がる)ことで使い勝手が大幅に向上します。

サブスクリプション版

サブスクリプション版は、ソフトを購入するのではなく、月額利用料を支払って利用する方法です。一般家庭向けには「Office 365 Solo」11,800円(年間利用料)が提供されています。

  1. 常に最新のOfficeが利用できる
  2. 2台のパソコンにインストールできる
  3. Word,Excel,Outlook,PowerPoint,Onenote,Publisher,Access 全て利用できる
  4. Office365サービスが利用できる

    2台のパソコンで利用する人や、PublisherやAccessまで利用する人にはお得ですが、1台のパソコンだけで、WordやExcelしか使わないという人には割高です。

    ■Microsoft Office 365 Solo

プリインストール版

プリインストール版は、パソコンを購入したときに、あらかじめインストールされています。サブスクリプション版のように、毎年お金を支払う必要がなく、購入したパソコンが壊れるまで使い続けることができます。

  1. 常に最新のOfficeが利用できる
  2. インストール済みのパソコンが壊れるまで利用できる

    他のパソコンへライセンスの移管ができません。

一般家庭向けには3つのタイプが提供されています。

PersonalWord,Excel,Outlook19,000円
Home&BusinessWord,Excel,Outlook,PowerPoint,Onenote24,000円
ProfessionalWord,Excel,Outlook,PowerPoint,Onenote,
Publisher,Access
48,000円

永続ライセンス版

永続ライセンス版は、旧来のパッケージ版のことで、購入すると永続的に使い続けることができます。

  1. 2台のパソコンにインストールできる
  2. インストールしたパソコンが壊れても、他のパソコンにインストールして利用できる

    最新版へのアップグレードができません。

一般家庭向けには3つのタイプが提供されています。

PersonalWord,Excel,Outlook32,184円
Home&BusinessWord,Excel,Outlook,PowerPoint,Onenote37,584円
ProfessionalWord,Excel,Outlook,PowerPoint,Onenote,
Publisher,Access
64,584円