システムイメージを作る方法

Windowsには「システムイメージの作成」というバックアップ機能があります。通常のバックアップは、データフォルダやファイルが対象です。そのためWindowsやアプリケーションはバックアップすることができません。しかしシステムイメージを作成しておけば、Windowsやアプリケーションを含むCドライブを外付けハードディスクなどに丸ごと保存することができます。

  • システムイメージは、現在使用しているシステムドライブ(Cドライブ)内に作成できないため別のドライブに保存します。
  • 現在使用しているシステムドライブの全容量がバックアップ先に必要です。
  • パソコンの動作に問題が生じている場合は、問題箇所も保存されるためシステムイメージのバックアップはおすすめしません。

システムイメージの作成手順

システムイメージの作成手順
  1. [コントロールパネル]を開きます。
  2. [バックアップと復元(Windows7)]をクリックします。
  3. [システムイメージの作成]をクリックします。
  4. バックアップができるハードディスクを検索する画面が表示されます。
  5. 少し待ちます。
  6. [バックアップをどこに保存しますか?]と表示されます。
    システムイメージの作成手順
  7. 任意の保存先を選択します。
  8. 検査が終了すると、バックアップ可能なハードディスクが表示されます。
    ※バックアップの保存先は「ハードディスク」「光学ドライブ」「ネットワークドライブのいずれかを選択できます。ここで指定したドライブに[WindowsImageBackup]という名前のフォルダが生成され、その中にシステムイメージが保存されます。
  9. 画面右下の[次へ]をクリックします。
  10. 「どのドライブをバックアップに含めますか?」という画面が表示されます。
    システムイメージの作成手順
  11. バックアップするドライブにチェックを入れます。
  12. バックアップ内容の確認画面が表示されます。
  13. 内容を確認後、画面右下に表示された[バックアップの開始]をクリックします。
    システムイメージの作成手順
  14. バックアップが開始されます。
  15. バックアップイメージが作成され「システム修復ディスクを作成しますか?」という画面が表示されます。
    システムイメージの作成手順
  16. すでに作成済みの場合は[いいえ]をクリックします。
    システムイメージの作成手順
  17. 「バックアップは正常に完了しました。」と表示されます。
  18. [閉じる]をクリックします。

システム修復ディスクは必ず作成してください。
バックアップしたデータを復元するときは、このDVD(または回復ドライブのUSB)を使ってPCを起動する必要があります。忘れずに作成しておきましょう。