システム修復ディスクを作る方法

Windows10にシステム障害が発生し、修復困難な状況になっても対処できるように、システム修復ディスクを作成しておくことを推奨しています。システム修復ディスクがあれば、Windows10が起動できなくなっても、システム修復ディスクから起動し、[スタートアップ修復]や[システムの復元]などの修復作業を実行することができます。
※システム修復ディスクは書き込み型のCD/DVD/BDメディアです。そのため、CD/DVD/BDドライブが非搭載の機種の場合は、外付けのCD/DVD/BDドライブが必要です。

システム修復ディスクの作成手順

システム修復ディスクの作成
  1. [コントロールパネル]を開きます。
  2. [システムとセキュリティ]欄の[バックアップと復元(Windows7)]をクリックします。
  3. 書き込み可能な空のディスクをドライブに挿入します。
  4. 画面左側に表示されたメニューから[システム修復ディスクの作成]をクリックします。
    システム修復ディスクの作成手順
  5. [システム修復ディスクの作成]画面が表示されます。
  6. 空のディスクを挿入したドライブを選択します。
  7. 画面右下の[ディスクの作成]をクリックします。
  8. ディスクの作成が開始されます。
    ※データ量は160MB程です。
  9. 完了するまでしばらく待ちます。
  10. 修復ディスクが作成されると、[システム修復ディスクを使用]と表示されます。
  11. [閉じる]をクリックします。
  12. [システム修復ディスクが完成しました]と表示されます。
  13. [OK]を押します。

システム修復ディスクを使った起動手順

  1. [電源]ボタンを押すと共に[F2]キーを押します。
    ※ファンクションキーはPCメーカーにより異なります。
  2. ブートデバイスを選択するメニューが表示されます。
  3. 修復ディスクの入った光学ドライブを選択して起動します。
  4. キーボードレイアウトの選択画面が表示されます。
  5. [Microsoft IME]を選択します。
    オプションの選択
  6. [オプションの選択]画面が表示されます。
  7. [トラブルシューティング]を選択します。
  8. [詳細オプション]を選択します。
  9. 実行したいトラブルシューティングの項目を選択します。
    ※Windows8.1には「システム修復ディスク」作成機能がありません。

DVDドライブを搭載していないパソコンの場合は、回復ドライブを作成しておきます。