CPU・RAM・ROMとは

スマートフォンの快適さは、端末のスペック(仕様)により能力が決まります。
その指標になるのが、CPU(シー・ピー・ユー)・RAM(ラム)・ROM(ロム)です。

CPU=作業する人の頭脳 RAM=作業スペースの大きさ ROM=引き出しの大きさ
それぞれの能力が高いと快適に操作できます。

CPUの性能

CPUの性能は、「コア数」「スレッド数」「クロック周波数」に比例します。

コア数=作業する人の数   スレッド数=作業テーブルの数
クロック周波数=作業する人のスピード

コアとはCPUの中核部分で、独立した頭脳として動作します。コア数が多いと一度にできる作業量が増えるため、処理速度が速くなります。動画編集やゲームをする方の場合は、クアッドコア以上のコアが搭載されたCPUを推奨しています。
≪デュアルコア(2コア)、クアッドコア(4コア)、オクタコア(8コア)≫

スレッド数とは、コアが処理するものを置けるテーブルの数のことです。
1つのコアで複数のスレッドがあると効率的に作業できます。

クロック周波数とは、CPUが作業するときに発する信号の速さのことです。
この数値が大きいと、作業スピードが速くなります。
単位はMHz/GHz 1GHz=1,000MHz ※1秒間に10億回の命令を処理するという意味です。

次に読むと役立つ関連記事

■CPUとは
■CPU・RAM・ROMとは
■CPUの選び方
■RAMとROMの違い
■コアとは

パソコンインストラクターとは

パソコンインストラクターには3つの活動方法があります。自分に合った仕事のスタイルを見つけていきましょう。