CPUの選び方

ノートパソコンやタブレットを購入するときは、用途以上のオーバースペックな製品を購入するのは無駄な投資です。購入を誤らないように、価格に反映されるCPUの特徴を理解しておきましょう。

インテル社から提供されている7つのCPU

現在、ノートPCやタブレット向けにインテル社から提供されているCPUは下記の7種類です。
下に行く程、性能が高く価格も高くなります。

CPU
  1. Intel Atom
  2. Intel Celeron
  3. Intel Pentium
  4. Intel Core i3
  5. Intel Core i5
  6. Intel Core i7
  7. Intel Core i9

[check]メールやネット閲覧程度の場合
メールの送受信やSNSへの書き込み、ネットの閲覧程度なら[Atom/Celeron/Pentium]グループを推奨します。Atomは、16GBや32GBなど大容量のメモリーが搭載できず、USB3.0も使えませんが、長時間バッテリーの駆動ができます。CeleronやPentiumは、13インチ程度の画面サイズのノートパソコンや、3万円以下の激安パソコンに搭載されています。

[check]一般的な使い方の場合
ビジネスでも家庭でも、ストレスなく使いたいなら、[Corei3/Corei5/Corei7/Corei9]グループを推奨します。Corei系は、高性能なWindowsタブレットから、2in1 ノートPC、A4フルサイズノートなど、あらゆるパソコンに搭載されています。

中でも、Corei3は、Atomとそれほどパフォーマンスが変わりませんが、USB3.0やシリアルATAの6Gbps対応など、ハードウェアスペックがAtomより高いことが特徴です。ただ、Corei系のノートPCを選ぶなら、より高速で処理能力の高いCorei5やCorei7が搭載されたタイプを推奨します。

次に読むと役立つ関連記事

■CPUとは
■CPU・RAM・ROMとは
■CPUの選び方
■RAMとROMの違い
■コアとは

パソコンインストラクターとは

パソコンインストラクターには3つの活動方法があります。自分に合った仕事のスタイルを見つけていきましょう。