Wi-Fi中継機とは

ここ数年に間に、一般家庭でもWi-Fiを利用する方が増えてきました。しかし部屋の環境によっては「YouTubeが途中で止まる」「通信速度が遅い」「2階だとWi-Fiがつながらない」などの状況が発生する場合もあります。その原因は、Wi-Fiルーターの電波の弱さです。Wi-Fiの電波は、距離が離れると電波強度が弱くなります。またコンクリートなどで反射するとうまく受信することができません。

このような場合は、Wi-Fi中継器を利用してWi-Fiの電波を再強化し、電波の届く範囲を広げる方法をおすすめします。

Wi-Fi中継機とは

Wi-Fi中継機とは、無線LANの電波が弱い場合に設置し、無線LANを利用できる範囲を拡大するための機器のことです。無線LAN親機と無線LAN子機の間にある電波の障害物を避け、通信距離を延ばすことができます。

Wi-Fiの電波は、壁や障害物を通り抜ける度に弱くなります。そのため、別階の部屋や、四方を壁で囲まれた部屋ではインターネットが途切れがちになったり、通信速度が遅くなります。
※Wi-Fi中継機は電波を中継するだけでルーター機能はありません。

おすすめは、バッファローのWi-Fi中継機「WEX-1166DHP」です。
現在主流の11acに対応し、 デュアルバンド同時接続、ビームフォーミング機能、ボタンを押すだけの簡単設定を兼ね備えたWi-Fi中継機です。

Amazonで購入→WEX-1166DHPS


Wi-Fi中継機「WEX-1166DHP」の特徴

デュアルバンド同時接続
親機と子機が5GHz(11ac/n/a)と2.4GHz(11n/g/b)で異なる場合でも同時接続できます。

ビームフォーミング機能
自宅内を移動しても、常に最適な通信速度で接続できます。

ボタンを押すだけの簡単設定
Wi-FiルーターのAOSSまたはWPSボタンを押した後、Wi-Fi中継機のAOSSまたはWPSボタンを押すだけで簡単に設定できます。

Wi-Fi中継機の設定方法

Wi-Fi中継器の設定方法
  1. Wi-Fi中継器のWPSボタンを押します。
  2. Wi-FiルーターのWPSボタンを押します。
  3. 約2~5分程待ちます。
  4. Wi-Fi中継器を接続できます。