次世代移動通信 5Gとは

5Gとは、第5世代移動通信システム(携帯電話の通信規格)のことです。
現在、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天の国内携帯大手4社は、2020年の東京オリンピック開催までに第5世代超高速無線通信(5G通信)が利用できるように準備が進められています。

大幅な通信速度向上を実現する節目とその仕組みを、世代「G」(Generation)と呼びます。

次世代移動通信 5Gとは

2020年代は、家電製品やウェアラブルデバイス、自動運転カーや産業用ドローン、遠隔医療(診断や手術)、高齢者や子どもの見守り機器、4K8K放送など、ありとあらゆるモノがインターネットに接続(IoT化)され、トラフィック(通信回線を利用するデータ量)は、2010年代と比較すると1000倍以上に増大することが予測されています。

数年後には5G主流の時代になり、高速大容量(映画1本のダウンロードは約10秒)、同時他接続(1平方キロメートルの範囲内に存在する端末100万台が同時に接続可能)、低遅延(通信の遅れがほとんど発生しない)になり、私達が現在利用しているインターネット環境は激変し、サッカーの試合もホログラムでリアルに観戦するのも当たり前の時代になります。

次世代移動通信 5Gとは

次に読むと役立つ関連記事

■次世代移動通信 5G 2019年開始
■次世代移動通信 5Gとは
■Wi-Fiの名称が変わります