無変換キーと変換キーの役割

入力した文字を変換するとき、通常は[スペース]キーやファンクションキー[F7][F8]を押して変換することが多いので、[無変換]キーや[変換]キーを利用する機会は少なくなりました。
しかし[無変換]キーや[変換]キーの役割を覚えておくと、意外と役立ちます。

[無変換]キーの役割
入力を確定していない文字列に対し、全角ひらがな→全角カタカナ→半角カタカナの順に変換候補を表示することができます。

[変換]キーの役割
入力を確定した文字列に対し、文字にカーソルを合わせるだけで再変換することができます。

無変換キーと変換キーの役割

パソコンインストラクターとして活躍

私達と一緒に、パソコン・スマートフォン・タブレットの操作方法を、わかりやすく、正しく、楽しく教える、プロのパソコンインストラクターとして、仕事をしてみませんか?