IPv6 IPoE接続とは

IPv6とは「Internet Protocol Version 6」の略称です。現在主流のインターネットプロトコル「IPv4」に変わる次世代のインターネットプロトコル(規約)として注目されています。
その理由は「IPv6」接続を利用することで通信速度が劇的に速くなるからです。

「IPv6」接続は、NTT東日本と西日本が提供するフレッツ光ネクストやフレッツ光ライトの「IPv6 IPoE(アイピーブイロク・アイピーオーイー)」接続に対応したIPv6アドレスを割り当てるインターネット接続です。

従来の「IPv4 PPPoE(アイピーブイフォー・ピーピーピーオーイー)」接続方法とは異なり、NTTから提供されているホームゲートウェイやONUと、IPv6に対応したパソコンやブロードバンドルーターを接続するだけで、設定や接続の操作を行わなくてもIPv6のインターネットに接続することができます。混雑地点を経由しないで、通信速度が劇的に早くなります。

IPv6で接続できているか確認するには、http://test-ipv6.com/ へアクセスすることで確認できます。また、WebブラウザーChromeの拡張機能「ifg ipv6」を追加することで、今、IPv4とIPv6のどちらで接続しているのかを常に確認することもできます。

IPv4とIPv6のどちらで接続しているか確認する方法

  1. Chromeウェブストアを開きます。
  2. 画面左上の検索ボックスに「if ipv6」と入力します。
  3. 拡張機能「if ipv6」が表示されます。
  4. [+CHROMEに追加]をクリックします。
    ifg ipv6

    IPv6 IPoE接続
    • WebブラウザーChromeの画面右上に[if ipv6]のアイコンが表示されます。
    • [ip4]と表示されていればIPv4、[ip6]と表示されていればIPv6で接続していることが分かります。