v6プラスとは

ここ最近、v6プラスに人気が集まり、IPv6によるインターネット接続サービスを利用する人が増えてきました。その理由は、通信速度が劇的に速くなるからです。

  • IPv6 は 「Internet Protocol Version 6」の略称です。
    現在主流のインターネットプロトコル「IP Version 4」にかわる次世代のインターネットプロトコルです。
  • v6プラスは、日本ネットワークイネイブラー株式会社(JPNE)が提供するインターネット接続サービスのことです。
  • v6プラスは、NTT東西のひかり電話ルータ(PR-500、RT-500、PR-400、RV-440、RT-400、RT-S300、PR-S300、RV-S340の各シリーズ)に対応しています。
  • JPNEは、NTT東西のフレッツ網で提供されるIPv6接続サービス「インターネット接続(IPv6 IPoE)」に対応しています。

どうしてv6プラスは速いの?

簡単にいうと空いているからです。従来のフレッツ光は、PPPoEと呼ばれる方式を利用し、家庭内に設置したホームゲートウェイやルーターからフレッツ網を介してプロバイダーの設備に接続していました。
夜間などに回線速度が遅くなる原因は、プロバイダーの設備に多くの接続が集中し、ユーザー1人あたりが利用できる帯域が少なくなるからです。

v6プラスでは、従来のPPPoEによる接続先とは別の接続先が用意されています。
そのため、スムースな通信ができ、劇的に回線速度が速くなります。

IPv6で接続できているか確認する方法

IPv6で接続できているか確認する方法

IPv6で接続できているか確認する方法は、外部のIPv6確認サイトを利用します。
例えば、http://test-ipv6.com/へアクセスします。IPv6に対応しているかどうか表示されます。

※ネットワークのプロパティを確認し、IPv6のアドレスが割り当てられているかを確認することもできます。

利用上の注意点

IP電話(050)サービスやSkype、固定IPサービス、一部の通信型ゲームなど、特定のポートを使用するサービスは利用できません。