iPhoneで撮った写真がパソコンで開かない

iPhoneで撮った写真がWindowsパソコンで開かない原因は、iPhoneのカメラアプリの初期設定に問題があることが多いです。

アップルが提供するiOS(アイオーエス)は、バージョン11より画像フォーマットHEIF(ヒーフ)が使用されています。

HEIFは「High Efficiency Image File Format」の略称です。高画質でありながらファイルサイズが小さいのが特徴で、ファイルの拡張子は「 .heic 」です。

iPhoneで撮った写真がWindowsパソコンで開かない理由は、iPhoneで撮った写真を、ファイルの拡張子「 .heic 」のままWindowsパソコンで開いたからです。

iPhoneの設定変更

[設定]→[カメラ]→[フォーマット]の順にタップし、[カメラ撮影]のオプションを[互換性優先]に変更することで、次回から撮った写真のファイルの拡張子は「 .jpg」になるため、Windowsパソコンで開くことができます。

iPhoneで撮った写真がパソコンで開かない

ファイルの拡張子「 .heic 」をエクスプローラーで開く方法

HEIF画像拡張機能をインストールすることで、エクスプローラーでもファイルの拡張子「 .heic 」を開くことができます。

パソコン講師に必要なスキルを1年間ですべて習得!

パソコンインストラクター養成学校Webスクールでは、自宅のパソコンからインターネットを利用し、プロのパソコンインストラクターとして活動するために必要なパソコン操作の教え方のスキルを習得できます。