タッチタイピングの練習

パソコンで文字入力の速度を上げるには、ホームポジションとタッチタイピングの基本を覚え、地道に練習することが大切です。

ホームポジションは、左手の人差し指をキーボードの「F」に、右手の人差し指を「J」におくことからはじまります。
タッチ・タイピングとは、キーボード入力を行うとき、キーボードの文字の刻印に頼ることなく、指先の感覚だけでキーを押すタイピング技法のことです。

文字入力の基本

  • キーボードを見ないで画面だけを見る
  • 入力するキーを間違ってもキーボードを見ず、画面だけを見て入力し直す
  • 指でキーの位置を覚え、繰り返し、楽しみながら練習する

ホームポジションとタッチタイピングを覚えるときに役立つツールが、無料で利用できるWebアプリです。

myTyping

myTyping

myTypingは、いろいろなテーマでタイピング練習ができるWebアプリです。タイピング診断では、現在のレベルと苦手なキーを判定してくれます。


E-typing

E-typing

E-typingは、いろいろなテーマでタイピング練習ができるWebアプリです。百人一首や医療介護に関する単語まで、さまざまなテーマが用意されています。


P検

P検

P検は、ICTプロフィシエンシー検定協会(P検)が作成したタイピング練習用アプリです。ブラウザ版とダウンロード版の2種類を利用できます。


パソコンインストラクターとして活躍

私達と一緒に、パソコン・スマートフォン・タブレットの操作方法を、わかりやすく、正しく、楽しく教える、プロのパソコンインストラクターとして、仕事をしてみませんか?