Windows10 November 2019 Updateの教え方

Windows10は、年に2回、春と秋に、大きなアップデートが行われます。
このアップデートは、毎月第2水曜日に配信されるWindows Updateとは異なり、大きなプログラム変更や新機能が追加されます。この大きなWindows Updateのことを「機能更新プログラム」と呼び、適用することで操作方法もかなり変わります。

2019年11月13日に公開された「機能更新プログラム」は、Windows 10 November 2019 Updateと呼ばれ、Windows10のバージョンは1909になります。
Windows 10 November 2019 Update(1909)を適用することで、アプリの通知管理やカレンダー、エクスプローラーの検索機能が強化されるなど、様々な機能がレベルアップします。

Windows101_909

第189回「パソコンインストラクター研修会」
テーマ:Windows10 November 2019 Updateの使い方と教え方
開催日:2020年1月26日(日) 
開催時間:午前9時30分~午後4時30分
内容:Windows10を利用しているユーザーは、1年に2回(春と秋)配信される大きなアップデートを適用する必要があります。この大きなアップデートは「機能更新プログラム」と呼ばれるもので、適用することで操作方法がかなり変わります。そのため、私達パソコンインストラクターは「機能更新プログラムを適用することで何がどのように変わるのか?」その全体像を把握し、トラブル対策も含め、サポートできるようにしておく必要があります。
今回の研修会では、2019年11月13日に公開されたWindows10の機能更新プログラム「Winows10 November 2019 Update (Ver1909)」と、2020年1月に新しく生まれ変わるMicrosoft Edge、Officeアプリの使い方と教え方を学習します。