Windows10 April 2018 Update トラブル対処法

2018年4月30日に配信された、Windows10の大型アップデート「April 2018 Update」を適用すると、Webブラウザー「Google Chrome」や、音声アシスタント「Cortana」に不具合が起こり、フリーズするトラブルが発生しています。

マイクロソフトは、5月9日(日本時間)に配信する月例修正パッチに、この問題を修復するパッチを配信しますが、応急措置として、フリーズするトラブルが発生した場合、下記のショートカットキーで対処してください。※[Ctrl]+[Alt]+[Delete]キーは動作しません。

パソコンがフリーズした場合の対処法

[Windows]+[Ctrl]+[Shift]+[B]キーを押します。

[Windows]+[Ctrl]+[Shift]+[B]キー

SSD搭載のパソコンに不具合

TOSHIBAのSSD(XG4、XG5、BG3シリーズ)を搭載したPC環境に「Ver.1803」を適用すると、ノートパソコンのバッテリーの寿命が低下するおそれがあります。また、Intel製SSD(600pシリーズとPro6000pシリーズ)を搭載したPC環境に「Ver.1803」を適用すると、再起動がループする不具合が発生しています。
SSDが搭載されたPC環境で発生する不具合は、2018年6月上旬に配信される修正パッチを適用しない限り修復できず、以前のバージョンに戻すしか方法がありません。

サードパーティ製のPC最適化ソフト搭載のパソコンに不具合

サードパーティ製のPC最適化ソフト(「IObit Advanced SystemCare11」や「Spybot-Search&Destroy」など)がインストールされたPC環境に「Ver.1803」を適用すると、起動画面から先に進まず、Windowsが起動しなくなる不具合が発生しています。この場合、セーフモードで起動後、PC最適化ソフトを削除してください。

パソコンのトラブル解決力を身に付けるための学習

■ITサポーターeラーニングコースで学ぶ ■ITサポータースキルアップコースで学ぶ