LINEモバイルとソフトバンクが提携

格安スマホ事業(MVNO|仮想移動体通信事業者)を展開するLINEの100%子会社LINEモバイルとキャリア(MNO)のソフトバンクは、戦略的提携を行うことを発表しました。
出資比率はLINEが49%、ソフトバンクが51%です。
現在LINEモバイルを契約中のユーザーは、これまで通りサービスを利用できます。

LINEモバイルとソフトバンクが提携

LINEモバイルは、NTTコミュニケーションズの設備を借り、ドコモのネットワークにつながる格安SIMを提供しています。
ソフトバンクは、格安SIM事業Y!mobileを展開しています。

好調な格安SIM「LINEモバイル」とキャリア「ソフトバンク」が手を組んだことは、業界関係者にとって脅威になります。

第11期パソコンインストラクター養成学校の募集締切日は2018年4月30日(月)となります。