クッキーとキャッシュの違い

クッキーとキャッシュは、Webページを閲覧したときの「履歴を保存する仕組み」のことです。

クッキーとは

クッキーとは、ホームページを訪問したユーザーの情報を一時的に保存する仕組み、またはそのデータのことです。
ユーザーがWebページを開いて操作した情報(IDやパスワード、メールアドレスや訪問回数など)はユーザー情報として記憶されます。この仕組みにより次に再訪問したとき、入力する手間が省けるメリットがあります。たとえば、ショッピングサイトなどを訪問したとき、すでにログイン状態になっていたり、以前カートに入れた商品がそのまま残っているのはそのためです。

キャッシュとは

キャッシュ(cache)とは、閲覧したWebページの情報を一時的に保存する仕組みのことです。
キャッシュすることで、次に同じWebページを訪問したときに表示するスピードが上がり、閲覧しやすくなります。

クッキーとキャッシュを削除する方法(Google Chromeの場合)

  1. 画面右上の[Google Chrome]アイコンをクリックし、[設定]を選択します。
  2. 画面左側のメニューから[プライバシーとセキュリティ]をクリックします。
  3. [閲覧履歴データの削除]をクリックします。
    *クッキーとキャッシュを削除する方法
  4. Cookieを削除する場合は[Cookieと他のサイトデータ]にチェックを入れます。
  5. キャッシュを削除する場合は[キャッシュされた画像とファイル]にチェックを入れます。
  6. [データを削除]をクリックします。
    クッキーとキャッシュを削除

ネットカフェのような不特定多数の人が使うパソコンを使用した後は、個人情報保護のためにCookieを削除しておきます。またキャッシュが保存されると表示スピードが向上しますが、更新頻度が高いWebページの場合、更新前の情報が表示される可能性があります。