USBメモリー 購入時のポイント

ここ数年の間にUSBメモリーも安価になり、最近では32GBの容量でも1,000円位で購入できるようになりました。ただ安いからと言って購入するべきではありません。何故なら古い規格の可能性もあるからです。

USBメモリーには規格があります。

  1. USB1.1:古い規格のため転送速度が遅い
  2. USB2.0:1.1の約40倍の転送速度
  3. USB3.0:2.0の約10倍の転送速度 
  4. USB3.1:3.0の約2倍の転送速度

USB1.1はかなり古い規格ですが今でも販売されています。現在の主流はUSB3.0またはUSB3.1です。安価なUSBメモリーを購入しても、書き込みが遅いので注意が必要です。

USB3.0/3.1は内側が青い

USBメモリーの規格を確認したいときは、USBの差込口を確認します。
差込口の内側が青いタイプが高速です。

  1. 差込口の内側が黒い:USB1.1もしくは2.0
  2. 差込口の内側が青い:USB3.0もしくは3.1

ただし、新しい規格のUSBメモリーを購入しても、パソコン側が対応していなければ低速になってしまいます。新しいUSBメモリーを購入する際は、まず先に、使用するパソコンのUSBスロットを確認し、新しいUSB規格に対応しているかどうか確認します。

■USBメモリー購入時のポイント ■USBの規格 ■USB3.1 Type-Cとは

USBの規格