Zoomの新機能 没入型シーンとは

オンラインビデオ会議ソフトZoomをアップデートすることで、Zoomの新機能 没入型シーン(イマーシブビュー)を利用できるようになりました。
没入型シーンとは、参加者全員を同じバーチャル背景上に並べて、全員が同じ場所にいるような一体感を味わえる機能のことで、最大25人まで配置することができます。

没入型シーンとは

  • 主催者(ホスト)のみ設定することができます。
  • 自分でアップロードしたシーンを利用することもできます。
  • 新しいバージョン Zoom5.6.3以降で利用可能
  • 25人を超える参加者がいる場合は、シーンの上部にサムネイル表示されます。
  • ブレイクアウトルームでは利用できません。
  • WindowsとmacのOS環境で利用可能。ただし現時点ではスマートフォンには非対応
  • 無料ユーザーでも利用可能

没入型シーン(イマーシブビュー)の使い方

  1. 主催者(ホスト)は、画面右上に表示された[表示]をクリックします。
  2. 表示されたメニューから[没入型ビューを変更]をクリックします。
  3. [没入型ビューを選択します]画面が表示されます。
  4. 任意のシーンをクリックして選択します。
  5. 画面上部に選択したシーンがプレビュー表示されます
  6. [全員に適用]をクリックします。
  7. 参加者がシーンの中に表示されます。

没入型シーンとは

ネット授業トレーナー実践講座では、インターネットを利用したネット授業のできるトレーナーのスキルを身につけることができます。